抗がん漢方薬『天仙液』に関する情報提供サイト


天仙液とは?
天仙液の入手方法
天仙液の価格
天仙液特別サービス
天仙系列製品の紹介
天仙液の効果・効能
天仙液は効かない!?
天仙液は医薬品?
天仙液の本物と偽物
天仙液の個人輸入代行
天仙液の副作用
天仙液の関連書籍
天仙液リンク集
天仙液の相関図



・サイトマップ
・運営者
・お問合せ

・お役立ちサイト
・相互リンク

・ガンに効く漢方薬!

・かんたん相互リンク

天仙液の副作用

長白山

▲”薬草の宝庫”長白山

天仙液の適量と適切な服用の範囲内では、複数の試験および臨床実験によって深刻な副作用が報告されていないことが確認されています。

また、天仙液は100%天然成分から作られる漢方製剤で、西洋医学的な実験において、急性毒性、慢性毒性はなく、肝臓や腎臓および脾臓や胸腺の機能を損なうこともないと報告されています。

 
 

漢方薬の特長


しかし、厳密に説明しますと、「薬」である以上、全く副作用がないと断言はできないようです。

ただし、その副作用は漢方薬の特徴的なことで、天仙液については、次のような症状が考えられます。

初めて天仙液を摂取した方の中には、天仙液の抗ガン作用による好転反応が生じる場合があります。

具体的には、服用後の胃腸の不快感、下痢、老廃物の排出による皮膚のデキモノ(湿疹)など。  

天仙液強効型においては、抗ガン作用の働きが強い成分が含まれているため、胃腸の不快感や下痢など症状が出る方がいます。


そういう方には、まず天仙液から使用して漢方薬に身体を馴らしていった方が良いみたいです。

いずれにしましても、悪い毒素を体から排出に伴う軽い解毒作用の症状であり、一時的なものであるので、深刻な副作用の心配はない様です。

 

化学療法と副作用

放射線療法や化学療法ではガン細胞だけを殺すことは不可能で、結果的に周囲の正常細胞も殺傷してしまうため、それによって生じる副作用の問題を避けて通れません。

放射線治療や化学療法によって破壊されやすいのは、健康で分裂成長が早い細胞で、消化器官の粘膜や骨髄の血細胞、毛嚢などです。

この影響で吐き気や下痢、血便、貧血、白血球数の低下、抜け毛などの副作用が生じるようです。

また、手術でガン細胞を除去する治療法は初期ガンには極めて有効ですが、中期以降の転移ガンには難しいという問題があるようです。

そして、多くのガンに見られる痛みや嚥下障害、食欲減退などが加わり、副作用が患者を肉体的にも精神的も追いつめていってしまいます。

 

天仙液が放射線療法や化学療法の副作用を緩和 ?

天仙液には、この放射線や抗ガン剤を使った治療によって生じるさまざまな副作用を抑える作用があるとされています。

中国で行われた臨床試験の結果によれば、嘔吐や脱毛はもとより、白血球や血小板の減少をも抑制(低下率76.3〜98.1%)していると報告されています。

副作用が緩和されて、食物を飲み下すときに大きな障害となる粘膜炎や嘔吐に悩まされなければ、食欲は増進し体力をつけることができ、また、白血球や血小板、ヘモグロビンの減少をくい止めることができれば免疫力が向上し、ガンの進行を抑える方向へつながっていきます。

 

試験結果及び副作用

日本では、北海道にある新薬開発研究で、腫瘍を移植したマウスに「天仙液」と「天仙液強効型」を用いて抗腫瘍作用に関する試験が行われました。

実験は、マウスに14日間それぞれの天仙液を経口投与し、最終投与の翌日に腫瘍を摘出してその重量を測定するといった内容です。

そして実験後、天仙液の投与群では、注射用水を投与した対照群に比較して最大89.4%、天仙液強効型では最大94.1%の腫瘍が減少するという驚異的結果が得られました。

同時に、天仙液の投与によって副作用が生じることはなかったと報告されています。
 

副作用緩和によるQOLの向上

ガンは人からエネルギーを奪ってしまう病気です。

ガン細胞は身体の栄養を横取りします。

また、ときとして発生する激しい痛みは、ストレスという形でエネルギーを消費させ、免疫力を大きく低下させ、そのうえ放射線や化学療法によって生じるさまざまな副作用は、奪われたエネルギーの補給を妨げるのです。

副作用が緩和されて、食物を飲み下すときに大きな障害となる粘膜炎や嘔吐に悩まされなければ、食欲は増進し体力をつけることができ、また、白血球や血小板、ヘモグロビンの減少をくい止めることができれば免疫力が向上し、ガンの進行を抑える方向へつながっていくと思います。

 

<<天仙液の個人輸入代行 | 天仙液の関連書籍>>
Copyright 2006 -天仙液の情報サイト- All rights reserved.